Rental

2017年11月7日
インドネシア現地通訳

インドネシア現地通訳

初めてのインドネシア旅行はもちろん、これが商談などのビジネスとなれば、言葉が分からなかった、言葉が通じなかった、だから分かり合えず、商談が上手くいかなかったとか、内容を誤解したまま契約してしまったなどのミステイクが生じる可能性があります。現地でスムーズな旅行や視察はもちろん、商談を失敗しないようにするにはインドネシア 現地通訳が必要です。 現地スタッフなら文化や宗教などにも精通し、現地の商慣習などにも精通しており、情報を教えてもらったり、現地の文化などについてアドバイスももらったりできます。 インドネシア 現地通訳はインドネシア語と日本語、英語も堪能ですので、依頼者とは日本語や英語を使ってやり取りができ、ビジネス相手とは現地のインドネシア語や英語などを交えながら、分かりやすくその場をとりもってくれます。 現地通訳スタッフの日本語レベルはN2と、日常会話より広い範囲の日本語を理解できる上級者レベルですので、英語が苦手な方も安心です。 通訳サービスに加えて、ドライバー付きのレンタカーもセットで申し込めるので、現地での不安や心配はほぼ解消できます。 初めて行く場所の地理も事情も分からない中でも、ガソリン代や高速料金、駐車場料金もコミコミで12時間、明確で安心なパック料金で利用できるので安心して任せられます。 移動手段を確保でき、言葉の壁や文化の壁もサポートしてもらえ、現地の治安などの不安も日本車を使った送迎サービスがあれば安心です。
2016年12月26日
日本語からインドネシア語翻訳

日本語からインドネシア語翻訳

日本語からインドネシア語翻訳 最近では東南アジアにおける開発事業として、分譲住宅販売や観光開発と日本の企業や大学が行い始めています。 この開発事業を拡大していくには、現地の言葉で打ち合わせを行ったり契約書を交わしたりする必要があります。 そのために、日本語からインドネシア語翻訳が必要になってきます。 大切な書類ほど間違いがあってはいけませんので、一度日本語で書類を作成しその後インドネシア語に翻訳することが大切です。出来上がった翻訳書類の確認は入念に翻訳会社と打ち合わせを行い、間違いがないようにしましょう。 翻訳を日常会話程度のインドネシア語ができる方に頼んでしまうと、仕事となると日常会話で使う言葉以外に専門用語等の難しい言葉も使われるため曖昧な表現やニュアンスだけで翻訳をしてしまうことは危険です。 翻訳が正確ではなかった場合、後々トラブルになることもあるので翻訳は専門の業者にお願いすると安心安全です。 複数の業者をピックアップし実績や納期までにどれぐらいの日数必要なのか等を事前に確認し、見積もりを取って条件の合う業者を選びましょう。 また、念には念をいれて日本語からインドネシア語翻訳の比較サイトや口コミなども読み厳選して選ぶと失敗がありません。 海外で事業を進めていくには書類手続きがスムーズに進まないと、他の作業もすすまないため何より書類作りで不備がないことが大切になります。 計画通りに進めるためにも翻訳1つにも神経をとがらせる必要があります。
2016年2月14日

日本語からインドネシア語通訳

現在は、グローバル社会となっています。 企業活動において、日本国内だけでは商機がたいへん少なくなってきており、海外に目を向けて海外の企業に自社製品を販売する販路を築いたりする必要性がたいへん高まってきている時代になっています。 今後はますますこの傾向が強まってくることが予想されていて、海外への進出がどんどん積極的に行われていくでしょう。 特に最近注目が集まっているのが東南アジアです。 未だ発展途上の段階ですが、早い段階から進出をしておくことで、イニシアチブを獲得しておけるメリットを考慮し、どんどん東南アジア編進出する動きが増えてきています。 中でも注目されているのがインドネシアです。 インドネシアはもともと人口が多く、今後発展していくことが期待されている地域の一つです。 ただ、インドネシアに進出する上でネックとなるのが、日本語からインドネシア語通訳の問題です。 現地の顧客とやり取りをする上で、会話程度の通訳なら可能だという人材はいたとしても、専門的な内容となると日本語からインドネシア語通訳をする事は難しくなります。 会議の場面などで商談を進める上で、通訳ができる人材は必須の能力といえます。 通訳の人材を探すなら、専門の通訳人材派遣会社などに相談をして人材を斡旋してもらう方法があります。 経験豊富な通訳者を派遣してくれ、インドネシア語といったマイナーな言語でも専門的な通訳ができる人材を確保できますので、専門の通訳業者への利用をお勧めします。