2016年2月14日

日本語からインドネシア語通訳

現在は、グローバル社会となっています。 企業活動において、日本国内だけでは商機がたいへん少なくなってきており、海外に目を向けて海外の企業に自社製品を販売する販路を築いたりする必要性がたいへん高まってきている時代になっています。 今後はますますこの傾向が強まってくることが予想されていて、海外への進出がどんどん積極的に行われていくでしょう。 特に最近注目が集まっているのが東南アジアです。 未だ発展途上の段階ですが、早い段階から進出をしておくことで、イニシアチブを獲得しておけるメリットを考慮し、どんどん東南アジア編進出する動きが増えてきています。 中でも注目されているのがインドネシアです。 インドネシアはもともと人口が多く、今後発展していくことが期待されている地域の一つです。 ただ、インドネシアに進出する上でネックとなるのが、日本語からインドネシア語通訳の問題です。 現地の顧客とやり取りをする上で、会話程度の通訳なら可能だという人材はいたとしても、専門的な内容となると日本語からインドネシア語通訳をする事は難しくなります。 会議の場面などで商談を進める上で、通訳ができる人材は必須の能力といえます。 通訳の人材を探すなら、専門の通訳人材派遣会社などに相談をして人材を斡旋してもらう方法があります。 経験豊富な通訳者を派遣してくれ、インドネシア語といったマイナーな言語でも専門的な通訳ができる人材を確保できますので、専門の通訳業者への利用をお勧めします。